1. トップ
  2. 学校・団体
  3. BBT大学、「生身」と「分身」の学生が参加する「アバター授業」の動画公開

2020年8月21日

BBT大学、「生身」と「分身」の学生が参加する「アバター授業」の動画公開

ビジネス・ブレークスルー大学(BBT大学)は、リアル参加の「生身の学生」とアバター参加の「分身の学生」が、グループワークによる演習でディスカッションを行う「アバター授業」の動画を、19日に公開した。

世界110カ国に居住する学生がビジネスを学ぶBBT大学では、普及型コミュニケーションアバター「newme(ニューミー)」を独自開発したANAグループのavatarin社の協力を得て、アバターロボットをビジネス教育に導入する「教育デザイン・ラボ」を設置。

同ラボは、世界で初めてニューミーによる「アバター卒業式」を実現させたBBT大学経営学部グローバル経営学科長の谷中修吾教授が立ち上げ、リアルとオンラインを交錯させた新しいビジネス教育のあり方を具現化する試み。

そんな同ラボのプロジェクトの第1弾として開始したのが「アバター授業」で、一般的なオンライン会議では実現できない「現場介入」の価値を最大限に引き出すことができ、メンバーにとっての一体感や信頼関係をつくるチームビルディングに大きく役立ち、結果的に良質な議論を促すというポジティブな効果が検証された。

今回公開した動画は、谷中教授の発案で、授業にリアルで参加する「生身の学生」とアバターで参加する「分身の学生」が一体となってグループワークを行い、その教育現場の様子をまとめた映像。

アバターロボットが、教育現場でどのように機能するのかについて、臨場感を持って視聴することができる。

BBT大学は、文科省認可の100%オンライン大学で、経営コンサルタントの大前研一氏が学長を務める。経営学部と大学院MBAを擁し、今年4月現在、経営プロフェッショナルを束ねた教授陣は139人、在学生は1256人(学部:651人、院:605人)、卒業生は3216人。東証一部上場のビジネス・ブレークスルーが運営。

□「アバター授業」の動画

関連URL

「アバター授業」詳細

Avatarin

BBT大学

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス