1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ALSI、横浜国大の独自システムでサイバー攻撃対策の確実性を向上

2020年8月21日

ALSI、横浜国大の独自システムでサイバー攻撃対策の確実性を向上

アルプス・システム・インテグレーション(ALSI)と横浜国立大学は20日、サイバー攻撃対策の確実性を向上させるため、関連データの受け渡しを開始すると発表した。

横浜国大独自のハニーポットシステムで検知された情報セキュリティ脅威対策データを、ALSIが提供するWebフィルタリング製品のデータベースで利用できるように、両者が協力していく。

横浜国大大学院環境情報研究院・先端科学高等研究院の吉岡克成准教授は、実環境での攻撃を観測する目的のIoT機器を利用したハニーポットと、多くの攻撃を観測する目的の仮想環境を利用したハニーポットを新たに開発。

これらの組み合わせで、従来のシステムでは観測が困難だった不正リクエストの観測、検知を可能にし、より広範囲で即時性の高い脅威対策データの提供ができるようになった。

ALSIでは、吉岡准教授の協力で、先進的なハニーポットシステムで観測、検知された脅威対策データの供給を受け、ALSI提供のフィルタリングシステムへ提供することで、フィルタリングユーザーのマルウェア感染を防止。

また、すでに感染しているPCからの通信もブロックすることで、情報漏洩の被害を未然に防ぐ。

今回提供を受けるデータは、従来の方式に比べて、月間で2300件以上が新規に発見されており、より確実な対応が実施されることで、フィルタリングユーザーは、これまで以上にインターネット上の脅威から守られる。

先進的なハニーポットシステムでは、複数のIoT機器を利用し、大量のIPアドレスを使用した観測活動を実現。多様な実環境を持つことで、これまで検知できなかった攻撃を検知できるようになった。

関連URL

ALSI

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス