1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. デジタルアーツ、芦屋市教委が「i-FILTER@Cloud」GIGAスクール版を導入

2020年8月21日

デジタルアーツ、芦屋市教委が「i-FILTER@Cloud」GIGAスクール版を導入

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツは20日、兵庫県芦屋市教育委員会のコロナ禍におけるオンライン学習体制緊急整備のため、Webセキュリティクラウドサービス「i-FILTER@Cloud」GIGAスクール版が採用されたと発表した。

芦屋市は従来から「教育のまち芦屋」を掲げ、変化の激しい時代を子どもたちが生きていくため、自らの生き方を考える中で学びの意義を認識し、生涯学び続ける姿勢を身に付けることを重視することを理念としており、基礎的な学力や道徳性等に加え、情報教育や国際化に対応した教育、体育・スポーツ等の健康教育等を重点目標の一つとしているという。

こうした中で、未来を生きる子どもたちが、デジタルネイティブの要素を身に付けリテラシーを育んでいく上で、情報教育も重要な学習課題の一つとして考えられ、パソコンを利用した授業を実施。しかし、今年3月に全国一斉休校措置が取られて以来、各家庭でのオンライン学習環境を整備するため、持ち帰り学習用の端末とネットワーク整備を実施。

こうしたオンライン学習環境整備には、校外から端末を利用して安心・安全にインターネット接続できるセキュリティ対策も同時に整備することが重要。

Webセキュリティクラウドサービス「i-FILTER@Cloud」GIGAスクール版は、クラウド環境で迅速かつ容易に導入が可能で、学習に関係の無い有害情報の閲覧を制限するフィルタリングに加え、情報資産を狙う外部攻撃の脅威も防ぐ「ホワイトリスト運用」を採用。

柔軟なフィルタリングルールを管理者が設定することで、通常は禁止されているインターネット上の動画閲覧を、文部科学省のYouTubeチャンネルや芦屋市が指定するデジタルコンテンツのみ許可するなど、特定の動画チャンネル・コンテンツを許可することが可能だという。

関連URL

デジタルアーツ

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス