1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. オンライン学習「スタディサプリ」、7月の利用決定自治体・学校を発表

2020年8月21日

オンライン学習「スタディサプリ」、7月の利用決定自治体・学校を発表

リクルートマーケティングパートナーズは20日、同社のオンライン学習サービス「スタディサプリ」の、7月中に利用が決定した自治体・学校を発表した。

対象となる自治体・学校では今後、児童・生徒が利用できる学習機能、教師向け教育支援ツール「スタディサプリfor TEACHERS」の全機能が利用できるようになる。

7月中に利用が決定したのは、鳥取県・高校(学校単位の希望制)、山口県・高校、兵庫県丹波市・中学校、大阪府泉佐野市・小学校、中学校、京都府長岡京市・中学校、埼玉県坂戸市・中学校、山形県三川町・中学校で、合計128校。

スタディサプリは、サービス累計有料会員110万人(2019年度)が利用するオンライン学習サービス。

実力派講師陣による小学校高学年~大学受験生まで4万本以上の講義動画を利用することができ、個人の利用者の他、高校を中心に自治体や学校単位でも活用されており、全国約5000校のうち2598校が導入。

また、「学校向けスタディサプリ」では、教職員向けの機能「スタディサプリfor TEACHERS」を提供することで、学習を児童・生徒頼りにするのではなく、宿題配信や進捗管理、コミュニケーション機能を活用して、教師からの学習の伴走・サポート、よりよい指導の実現を目指している。

関連URL

学校向けスタディサプリ

スタディサプリ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス