1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アーネスト、障がい者特化型プログラミング学習プラットフォーム「eSEIZE」開発

2020年9月7日

アーネスト、障がい者特化型プログラミング学習プラットフォーム「eSEIZE」開発

アーネストは4日、障がい者エンジニアの育成に特化したプログラミング学習プラットフォーム「eSEIZE(イースィーズ)」を開発したと発表した。

eSEIZEは、受講生同士で課題を克服し合う「ピア・ラーニング」を軸に、社会で必要とされる問題解決力が自然と身につく仕組みになったプログラミング学習オンラインプラットフォーム。求人ニーズの高い各プログラミング言語が習得できる。

同社では、今後、全国の障がい者就労支援機関と連携して、支援機関利用者へのプログラミングの学習機会を提供し、希望者には、障がい者エンジニアの雇用に積極的かつ理解のある企業への紹介を行きたいとしている。現在、eSEIZE導入を検討する障がい者就労支援機関を募集している。

関連URL

アーネスト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス