1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アーネスト、発達障がい者の特性を活かしたRPAエンジニアを育成

2018年9月12日

アーネスト、発達障がい者の特性を活かしたRPAエンジニアを育成

アーネストは11日、RPA NEXTと提携して、RPA(Robotic Process Automation)エンジニアの人材不足を補うために、発達障がい者の特性を活かしたRPAエンジニア育成プログラムの実施と、プログラムを修了した発達障がい者の紹介事業を開始すると発表した。

d25249-2-295938-1アーネストは、今回の提携事業で、障がい者がRPA自体を操作するエンジニアスキルを身につけ、たとえ障がいを持っていたとしても多くのRPA導入企業で必要とされる就労価値の高い人材の育成を目指す。

RPAを導入している企業としては、RPAエンジニアのスキルを持つ障がい者を雇用することで、RPA導入後のオペレーションカスタマイズやプロセス再設計を担う人材を社内に確保できる。

また、今後も引き上げが予定されている法定雇用率で定められた自社の障がい者雇用枠も満たすことができるため、障がいを持ちながらも所属する企業で利益を生みだすことが出来る貴重かつ優秀な人材の採用が可能。

同社では、RPAソフトで国内トップシェアを誇る「Win-Actor」の操作方法の習得プログラムや導入企業へのインターンシッププログラムからスタートし、「UIPath」などの他のソフトウェアの習得プログラムも順次スタートする予定。

プログラム受講の対象者は、同社が運営する就労移行支援事業所「アーネストキャリア」(多摩市、八王子市、横浜市、福岡市)に通所する人たちで、一般企業への就労が可能と判断される発達障がい者などを想定している。

すでに、プログラム修了者がRPA NEXTのRPAエンジニアとして採用されている。

関連URL

アーネスト

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス