1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NTTデータ、RPAによる作業自動化の共同実証実験の成果報告

2019年4月1日

NTTデータ、RPAによる作業自動化の共同実証実験の成果報告

NTTデータは3月29日、クニエ、Blueship、キヤノンマーケティングジャパンとともに、昨年10月、東京都と「RPAによる作業自動化の共同実証実験」の実施に係る協定を締結し、東京都におけるRPAの活用効果や、本格的な導入に向けて想定される課題の検証を昨年10月から今年3月まで実施したと発表した。

検証対象として、東京都総務局などの複数の組織の窓口・事業系業務、内部事務系業務のうち、RPAの活用効果が高いと想定された19業務を選定し、従来の業務にかかる時間とRPAソリューション「WinActor」を活用した業務時間の比較を行った結果、平均で79.6%、最大で100%の時間縮減効果が見込まれることが明らかになった。各対象業務の年間縮減時間(見込み)は合計約284時間となり、業務効率化の有効性を確認できたとしている。

また、それ以外の結果として、対象業務におけるRPA適用に向けた作業の見直しにより、正確性の向上、業務の可視化・改善、横展開の可能性などの効果を確認した。

今後NTTデータは、今回の実証実験の結果を踏まえ、地方公共団体におけるRPAの導入と活用の展開を支援していく。

*RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション/Robotic Process Automation)とは、シフトウェアーロボットによってホワイトカラーの単純な間接業務を自動化するテクノロジーのこと。

関連URL

実証実験の成果報告書

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス