1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. シュビキ、eラーニング「パワハラのない職場作り」⽇・英・中国語版を改定

2020年9月9日

シュビキ、eラーニング「パワハラのない職場作り」⽇・英・中国語版を改定

シュビキは8⽇、同社のeラーニングコース「パワハラのない職場作り」(全4コース)の⽇本語版・英語版・ 中国語版を改定したと発表した。。

改正労働施策総合推進法(パワハラ防⽌法)が施⾏され、⼤企業は今年6⽉1⽇から、 中⼩企業は2022年4⽉1⽇から(2022年3⽉31⽇までは努⼒義務)、パワハラ防⽌のための雇⽤管理上必要な措置を講じることが、義務として定められた。

改正法では、併せて、雇⽤する労働者に対しても「⾔動に必要な配慮をすることや、事業主が⾏う研修に協⼒すること」を求めている。

同社の「BISCUE eラーニング」では、「パワハラのない職場作り」(⽇/英/中)のコースを提供していたが、今回、法改正を受け、それに準拠した内容に改定した。

同教材は、単体コースとして研修効率化⽀援サービス「BISCUE TS」のラインアップにできる他、定額制クラウド型 eラーニング「BISCUE LS」(スマホ対応)の契約コースに盛り込むこともできる。

⽇/英/中3⾔語でのコース提供は、外国⼈労働者の雇⽤が進んでいることも踏まえた、グローバル企業での全社員教育ニーズに対応したもので、パワハラのほか、セクハラなどのハラスメント、コンプライアンス、情報セキュリティ、メンタルヘルスなども提供。今後、さらに範囲を拡げる予定。

「パワハラのない職場作り」は、パワハラとは、職場に潜むパワハラ、職場に与える影響、防ぐためには、という内容。対応⾔語は⽇本語、英語、中国語で、対応デバイスはPC、タブレット、スマホ。

関連URL

「パワハラのない職場作り」
(BISCUE eラーニング)

(BISCUE LS)

(BISCUE TS)

シュビキ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス