1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 博士課程後期の学生を対象にした「オンラインスピーチ大会」の挑戦者を募集

2020年9月10日

博士課程後期の学生を対象にした「オンラインスピーチ大会」の挑戦者を募集

博士課程後期の学生を対象に11月にオンライン開催するスピーチ大会「未来博士3分間コンペティション2020」は9日、大会に出場する挑戦者の募集を開始した。

この大会は、未来を拓く地方協奏プラットフォーム「HIRAKU」(代表機関:広島大学)が主催するもので、博士課程後期の学生が3分間で自身の研究のビジョンと魅力を分かりやすく伝えるスピーチ大会。

昨年の大会では、一般オーディエンスを前に、広島大学をはじめ、中国・四国地方を中心とする西日本の大学に所属する博士課程後期学生25人が発表を行った。

今年は、募集対象を全国へ拡げて、オンラインで開催。まずは、3分間の動画の投稿を受け付け、動画審査員会がファイナリストを選定する。また、全投稿動画の中から、特別協賛企業が選定した動画に冠動画賞を授与する。

動画審査を勝ち抜いたファイナリストは、11月上旬に発表され、11月21日にオンライン開催されるファイナル・ステージで日本語もしくは、英語で口頭発表を行う。優秀な発表をした発表者には、奨学金や副賞が贈られる。

同大会には、日本国内の大学に在籍する博士課程後期の学生であれば、分野を問わず、発表者として応募できる。また、ファイナル・ステージには、聴衆として、誰でも無料で参加できる。

「未来博士3分間コンペティション」は、2015年から広島県東広島市を中心に開催。様々な国や地域および分野出身の博士課程後期の学生が、3分間で自身の研究ビジョンについて、1枚のスライドを使用して発表し、審査員会の審査を受ける。

なお、同大会は「シュプリンガー・ネイチャー社」が4年連続で支援する。

募集概要

対象:2020年11月21日時点で日本国内の大学に在籍する博士課程後期学生(分野は問わず)、修士課程(博士課程前期)および専門職学位課程の学生は除く
動画投稿締切り:10月12日(月)17:00まで
ファイナル・ステージ:11月21日(土)、オンラインで無料開催

詳細・申込

関連URL

「HIRAKU」

昨年の大会の受賞者

シュプリンガー・ネイチャー(日本語ページ)

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス