1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日本情報処理検定協会、パソコン技能競技大会の優勝団体などを公開

2020年9月15日

日本情報処理検定協会、パソコン技能競技大会の優勝団体などを公開

日本情報処理検定協会は、8月7日~10日にリモート開催した第34回全国パソコン技能競技大会の結果をWebで公開している。

同イベントは高校生を対象としてパソコンの技能を競い合う大会で、全国から48校393名が参加した。

日本語ワープロ部門で優勝したのは、岐阜県高山西高等学校(団体)と同校の杉本理央さん(個人)。情報処理技能競技で優勝したのは、神戸星城高等学校(団体)と同校の席定大翔さん(個人)。

日本語スピード競技で優勝したのは、鹿児島県樟南高等学校(団体)と富山県立富山商業高等学校の山田拓馬さん(個人)。英文スピード競技で優勝したのは、静岡市立清水桜が丘高等学校(団体)と同校の栗岡結良さん(個人)。

関連URL

第34回全国パソコン技能競技大会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス