1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 文科省「トビタテ!留学JAPAN」、高校生がSDGsを学び・発信するプロジェクト

2020年9月16日

文科省「トビタテ!留学JAPAN」、高校生がSDGsを学び・発信するプロジェクト

文部科学省が官民協働で取り組む留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」では、高校生がSDGsに関連する5つのテーマの探究学習をすることで得られる気づきや学びを発信するプロジェクト「#せかい部×SDGs探究」を開始する。

100名の高校生が5つのテーマをグローバルな視点からオンラインで学習し、そこで得た気づきや学びを、トビタテの特設ブログサイト(note)や自身のSNSにハッシュタグ「#せかい部sdgs」をつけてレポーターとして発信する。また、5名の教員は同プログラムに準じる独自の講座を期間中に1回主宰する。

5つのテーマとは、貧困の解消、ジェンダー平等の実現、住み続けられるまちづくり、気候変動への対応、生物多様性の保全。各テーマにつき5本程度の学習機会を用意している。内容は、各社会課題に関する概論、日本の現状認識、海外の課題解決に資する先進事例やユニークな取り組みの紹介、第一線で活動する人へのインタビュー、関連施設のバーチャル見学などとなっている。

高校生が国内の状況を知り、海外事例を知る「バーチャル越境体験」を行い、解決策を探求したい意欲を醸成して、将来、実際に海外の現場で学びたくなる気持ちが創出されることを期待している。

今月28日まで全国から高校生レポーター100名と先生レポーター5名を公募している。選抜されると、国内外で活躍する各分野の有識者とオンラインでつながり、講義の聴講や質疑、関連施設のバーチャル見学などを通じて、身近な社会課題をグローバルな視点で探究する。ベストレポーターには、若い世代に人気のkemioさんにイベントで学びの成果を話す権利を提供する。参加費は無料。

関連URL

レポーター募集の詳細・申込

「トビタテ!留学JAPAN」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス