1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 文書系テレワークアプリ「MetaMoJi Share for Telework」の体験版を提供開始

2020年9月24日

文書系テレワークアプリ「MetaMoJi Share for Telework」の体験版を提供開始

MetaMoJiは23日、同社の文書系テレワークアプリ「MetaMoJi Share for Telework」の体験版の提供を、直販サイト「MetaMoJi Direct」で開始した。

「MetaMoJi Share for Telework」は、文書を活用する業務に特化したテレワークアプリ。

「発表者モード」では、発表者が行った操作が参加者全ての画面にリアルタイムで反映され、発表者の考え・意図が的確に伝わる。

なぞったところに残像を残しつつスーッと消えるレーザーポインターは、資料を説明しながら注目してほしい箇所を指し示すことができる。

Web会議システムの画面共有では、数字が羅列している資料、文字数が多い資料の細かな部分までは見えないが、同アプリは手元の資料を最大2500倍まで、しかも品質を保ったまま拡大表示でき、細かな部分までしっかり確認することができる。

複数人が同時に書き込み、内容をリアルタイムに共有できる「Share(シェア)」機能を搭載。通常の会議では、1人の人しか発言できないが、発表者が説明中であっても、自身の考え・意見を書き込み、参加者全員の画面にリアルタイムでに反映される。

また、手書き入力で、思いついた時にさっと書け、ストレスがなく、考え・意見をメモで言葉として表現できる。資料が配付された会議中でも、ページや資料の追加が自由自在にできる。また、手書きだけでなく、写真や動画も貼り付けることができる。

販売は10月の予定で、価格は1ユーザーあたり月額1500円(税別)。

関連URL

「MetaMoJi Share for Telework」

「MetaMoJi Share for Telework」問合わせ

「MetaMoJi Direct」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス