1. トップ
  2. 学校・団体
  3. AI×アダプティブラーニング「すららドリル」、名古屋市立白鳥小学校が導入

2020年9月28日

AI×アダプティブラーニング「すららドリル」、名古屋市立白鳥小学校が導入

すららネットは25日、同社のAI×アダプティブラーニング「すららドリル」が、名古屋市立白鳥小学校で9月から導入されたと発表した。

同小では、同市「学力向上サポート事業」補助金の採択を受けて「すららドリル」の導入を決定し、9月から活用を開始した。利用学年は3年~6年生で、主に算数に取り組む予定。

同小は以前から、習熟度別教育を実施しており、各学年とも4つの習熟度別コースに分けて学習を進めている。

「すららドリル」は、4つのコースのうち「こつこつコース」と「じっくりコース」の児童を対象に活用、異なる方法で学習に取り組む。

「こつこつコース」では、授業の前半で教諭が単元の内容を教えた後、授業の後半で「すららドリル」に取り組み、間違いやつまずきに応じた一人ひとりに個別最適化された学びで、習った単元の定着を図っていく。

一方「じっくりコース」では、前学年で習った単元の「学力診断テスト」を実施し、過去に習った単元のつまずきを判定。

テストで自動判定されたつまずきの単元を、「すららドリル」のドリルやレクチャーで丁寧に復習していくことで、学力の積み上げを図る。

「すらら」は、小学校から高校までの国語、算数/数学、英語、理科、社会5教科の学習を、教師役のアニメキャラクターと一緒に、一人ひとりの理解度に合わせて進められるアダプティブな eラーニング教材。

同小が導入した「すららドリル」は、アダプティブなドリルと自動作問・採点機能を有するテストからなり、「すらら」の姉妹版として主に公立小中学校向けに提供されている。

関連URL

「すららドリル」

すららネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワーク用パソコンのセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi Welcome to talk共催 コロナ禍のメンタルヘルスケア対策 “明日使える”生徒指導のポイント 6/25(金) 16:00~ 無料
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • turnitin 無料eBook配布中 「アカデミック・インテグリティとは? その役割と重要性について」 無料ダウンロード
  • オンライン受検実施 AI検定 公開試験日 2021年8月1日(日) 情報処理能力認定委員会 サーティファイ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス