1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 産業能率大、新発想の英語授業で79%の学生が「英語を話すことに抵抗がなくなった」

2020年9月29日

産業能率大、新発想の英語授業で79%の学生が「英語を話すことに抵抗がなくなった」

産業能率大学は25日、RK English School校長リチャード川口氏と共同開発し、今年度から始めた英語授業「SANNO English Program」について、前学期終了後のアンケート調査結果を公表した。

リチャード川口氏と共同開発した映像教材で学ぶ

アンケート(有効回答92名)によると、86%の学生が「授業を受ける前より英語が好きになった」、79%が「英語を話すことに抵抗がなくなった」と回答し、英語学習の意識変革が進んでいるという。

後学期では、「発音」と「英語脳」を鍛えるトレーニングを実施し、話す、伝えるためのコミュニケーションの強化へつなげていく。

英語学習の意識変革 受講前との変化

◆受講前より、英語が好きになった 86%
【学生の声】
・英語を勉強としてではなく、コミュニケーションツールとして捉えられるようになった
・授業を通して、英語の答えはひとつとは限らないことに気付くことができた

◆受講前より、英語を話すことに抵抗がなくなった 79%
【学生の声】
・発音のコツが分かると、実際に口に出して発音してみたいという気持ちが強くなった
・以前は英語で表現することに恥ずかしさを感じていたが、楽しめるようになった

◆受講前より、発音が上達した 96%
【学生の声】
・先生と1対1で発音練習ができたため、自分にあったアドバイスがもらえた
・クラスのみんなの発音を聞きながら「もっと上手になりたい」という向上心が芽生えた

◆受講前より、リスニングが向上した 71%
【学生の声】
・自分が正しく発音できるようになった英語は、聞き取れるようになった
・授業の中でアウトプットをする機会が多いため、発音に対する耳も鍛えられた

関連URL

産業能率大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス