1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 先端科学教材体験型イベント「指でつまんで動かす!空中に浮かぶ立体映像」を実施

2020年9月30日

先端科学教材体験型イベント「指でつまんで動かす!空中に浮かぶ立体映像」を実施

フィール・フィジックスは29日、体験型イベント「指でつまんで動かす!空中に浮かぶ立体映像」(遠隔授業のニューノーマル)を愛知総合工科高校(愛知県名古屋市)で実施したと発表した。

本イベントは、遠隔授業のニューノーマルであり、オンライン授業では実現しない「からだの動き」を取り入れた未来型体験授業。教材を事前配送し、Zoomを使い、三重県の同社から授業を実施、19名の生徒が参加した。生徒は、指で操作したり、歩き回って観察することを体験。MRゴーグルで見ている風景は、Zoomを通して同社の教員が解説を行った。

「透過型ゴーグル」を装着すると、目の前に「磁石の世界」(磁界)である立体映像が出現。その立体映像を、指でつまんで自由に動かすことができ、そのまわりを歩き回って観察することもできる。「立体映像」=「磁石」ということを忘れるほど、生徒たちは夢中になり、歓声が沸き起こったという。さらに、立体映像のボタンを自分の指で押すことで、磁界の様子(2次元、3次元)の切り替え、磁力線の表示も体験した。

授業後のアンケートでは、80%以上の生徒が「映像」型ではなく「体験」型の遠隔授業の方が「学習した内容が定着しやすいと思う」と回答。約80%の生徒が、従来の教材ではなくMR技術を使った教材のほうが、通常の教材と比較して「学習内容がわかりやすかった」と答えた。

関連URL

アンケート結果

フィール・フィジックス

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス