1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. パソコン市民講座、「ICT教育」に対応したジュニア向け講座をリリース

2020年10月1日

パソコン市民講座、「ICT教育」に対応したジュニア向け講座をリリース

NSGグループのチアリーが運営する、パソコン市民講座(パソコン、タブレット、スマートフォン教室)は9月30日、「ICT教育」に対応したジュニア(小中学生)向けの最新の講座として、プレゼンテーションのスキルを身に付けるための「わくわくプレゼンテーション」をリリースしたと発表した。

小中学生1人1台のパソコン・タブレット導入が進められているGIGAスクール構想実現で、今後ますます重要となる。パソコン市民講座では、専任講師の分かりやすい授業を映像教材で受講できるで、全国の教室で自分のペースで学ぶことができる。最近は学校で文書作成やプレゼンテーションにパソコンを利用する機会が増えているが、スマホの普及でパソコンが使えない子どもたちが増えている。同社では、子どもたちに「パソコンって楽しい!」と感じて欲しいとの思いからこれまで様々な教材をリリースしてきた。

同講座では、プレゼンテーションの目的、本番までの準備や心構えなどを説明。また PowerPoint を使ったプレゼンテーション資料の作り方をコツなど交えながら紹介している。「伝える力」は学校生活だけでなく、将来仕事に就いたときにも必要なスキル。“必要になるのは「パソコンのスキル」だけでなく「伝える力」”との視点から講座を作成している。

今後のリリース予定として、動画の企画から絵コンテの作成、撮影時の注意や編集方法など、一連の操作を体験できる「わくわくユーチューバー体験」、アルファベット、ローマ字入力、文章入力などを丁寧に楽しく学ぶ講座「わくわくジュニアタイピング」、パソコンの初歩的操作を体験学習する講座「わくわく PC キッズ」。知りたいこと分からないことをインターネットで調べて伝える方法を学ぶ続編の講座「わくわく PC キッズ 2」。パソコンを使ってイラストの作成・編集が楽しく学べる講座「わくわくデジタルペイント」を予定。多彩なラインアップで子どもたちの「学び」をサポートしていく。

関連URL

パソコン市民講座

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス