1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 世界ロボコン出場チームが「ロボットプログラミング教室」を24・25日に開催

2020年10月5日

世界ロボコン出場チームが「ロボットプログラミング教室」を24・25日に開催

次世代ロボットエンジニア支援機構(Scramble)は、京都府と連携して、「ロボットコンテスト出場チームと学ぶロボットプログラミング教室」を、10月24・25日に、京都府・精華町の「けいはんなロボット技術センター」で開催する。

RoboMaster S1

この教室は、世界最大級の次世代ロボットコンテスト「RoboMaster(ロボマスター)」に日本のチームとして初めて出場したエンジニアチーム「FUKUOKA NIWAKA(フクオカニワカ)」のメンバーが、「興味はあるけどロボットのプログラミングは難しそう」、「まだまだ勉強したい」という人を対象に、プログラミングを分かりやすく教える。

インテリジェントロボット「RoboMaster S1」を使って、プログラムを学習。プログラミングの基礎である「順次実行」・「繰り返し」・「条件分岐」から説明していくので、プログラミング初心者でも安心して受講できる。

「FUKUOKA NIWAKA」は、九州各地から集まった学生と現役エンジニアで構成。「RoboMaster」の2018年大会では世界ベスト16、2020年大会(オンライン審査)では国際チーム枠ランキング1位を獲得している。

開催概要

開催日時:10月24(土)、25日(日)、いずれも10:00~16:00(1日だけの参加は不可)
開催会場:けいはんなオープンイノベーションセンター内・けいはんなロボット技術センター[京都府木津川市木津川台9-6 精華町精華台7丁目5−1]
対象年齢:満13歳~満18歳
参加費:1万円(初回のため通常より安い値段を設定)
持ち物:Wi-Fi機能つきのノートパソコン(推奨スペック:Windows7 64ビット以上、MacOS10.13以降)
応募締切:10月11日(参加者多数の場合は抽選)
詳細

参加申込

関連URL

次世代ロボットエンジニア支援機構(Scramble)

FUKUOKA NIWAKA

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
問. ?に入るものは? 「BCCのつもりが」 メール誤送信が報告された企業や団体 答えはこちら AIR COMPANY LIMITED
jamf | NATION Tokyo 2021 2/2(火)から3/2(火)まで 参加費無料ウェビナーシリーズ リモートワーク ゼロトラスト リモート・オンボーディング 従業員選択制 遠隔授業 デバイス管理のすべてがここに
NICA(全国ICTクラブ協会) オンライン開催 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ GIGAスクール時代のベストパートナー
  • 通信環境の問題でお困りではありませんか? GIGAスクール構想対応 教育総合ポータル Learning Skeleton AI
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス