1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ClipLine、文科省委託事業「リカレント教育教材の開発」に参画

2020年10月6日

ClipLine、文科省委託事業「リカレント教育教材の開発」に参画

ClipLineは5日、敬心学園「職業教育研究開発センター」が受託した文部科学省研究事業「リカレント教育プログラム」の動画教材制作に参画すると発表した。

福祉や保育への教育事業を展開している敬心学園グループの職業教育研究開発センターでは、文科省委託研究事業として、異文化・異世代間の交流促進のための「リカレント教育プログラムの開発」を受託。

ClipLineは、これまで培ってきた1万本以上の動画教材制作実績や介護・保育事業者へのコンサルテーション力を活かし、今回、同研究事業に参画することを決めた。

同研究の事業名は「介護・保育分野における異文化間異世代間の交流促進のための分野横断型リカレント教育プログラムの開発」におけるeラーニング教材及びシステム制作、というもの。

教材の形式は、5分程度の問題提起型の動画をショートドラマ仕立てで16本程度制作する。例えば、海外から介護職に就くために来日した外国人には、仕事だけでなくゴミの出し方や病院のかかり方など、きめ細やかな生活指導が必要になるということを学ぶ動画を制作。

学習の仕方としては、制作した動画教材を同社のマネジメント支援サービス動画「ClipLine」
にアップし、受講者はPC・スマホなどのデバイスで視聴して学ぶ。

事業への取り組み期間は、今年7月~2021年2月を予定している。

「ClipLine」は、動画とクラウドで多店舗展開ビジネスの生産性を改善するサービス。OJTを「1対多人数」へ拡張、24時間いつでもどこでも新人がひとりでトレーニングできる環境を構築し、指導者の拘束時間を削減する。

関連URL

ClipLine

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス