1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NTTドコモ、「モバイル社会⽩書2020~2021」の一部データを無償公開

2020年10月7日

NTTドコモ、「モバイル社会⽩書2020~2021」の一部データを無償公開

NTTドコモは6日、同社の社会科学系の研究所「モバイル社会研究所」がまとめた「モバイル社会⽩書2020~2021」の一部データを、10月中旬に、同研究所のウェブサイトで無償公開すると発表した。

同白書は、2010年から2020年までのモバイルICTの利⽤トレンドをまとめたもので、正式には「データで読み解くモバイル利⽤トレンド2020~2021 」と題するもの。ウェブ公開と同時に、データブックとして中央経済社から出版もする。

同データブックでは、モバイルICTの11年間の利⽤動向をはじめ、⼦どもやシニアの利⽤実態、SNS・動画の利⽤動向などについて、アンケート結果を基に分析し、最新のトレンドを掲載している。

また5G、在宅勤務、SNS使い分け、MaaS、地⽅創⽣など、時代に即したトピックに関するコラムも7本掲載。

具体的な内容は、今年⾒られた特徴として、2010年にはわずか4.4%だったスマホ⽐率(2台⽬まで含む)が88.9%になり、中でも⼦どものスマホ所有率は中学⽣になると約6割に拡⼤している、ことを報告。

また、シニアのスマホ所有状況では、70代のスマホ所有率が2019年に初めてフィーチャーフォン所有率を上回る結果となり、2020年には約5割に達した。

スマホの普及がシニアにも進んでいる状況が⾒られ、幅広い世代でスマホが⽣活の⼀部として根付いてきていることが分かった。

同データブックの紙書籍版は1200円(税別)で、電⼦書籍版は600円(税別)。

同研究所は、通信業界の直接の利害を離れ、⾃由で独⽴した⽴場から、モバイルICTのもたらす光と影の両⾯を解明し、その成果を社会に還元することを⽬的に、2004年に設⽴。

関連URL

モバイル社会研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
校務用パソコンのログインセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • turnitin 無料eBook配布中 「アカデミック・インテグリティとは? その役割と重要性について」 無料ダウンロード
  • オンライン受検実施 AI検定 公開試験日 2021年8月1日(日) 情報処理能力認定委員会 サーティファイ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス