1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スタディーハッカー、自宅でも利用可能なオンラインAIスピーキング評価ツール

2020年10月13日

スタディーハッカー、自宅でも利用可能なオンラインAIスピーキング評価ツール

スタディーハッカーは12日、アイードの英語スピーキング評価AI技術「CHIVOXセンテンスカーネル」を使用した、自宅からも利用可能なスピーキングスキル評価測定ツールをリリースした。

「第⼆⾔語習得研究」(SLA)をベースにした時短型英語学習トレーニングを展開するスタディーハッカーは英語学習パーソナルジム「ENGLISH COMPANY」と自習型英語学習コーチングサービス「STRAIL」を運営するが、新型コロナウイルスの影響拡大により、オンラインコースの需要が高まり、その割合は80%。「STRAIL」の、オンラインでも英語力を伸ばす「オンライン・フルパッケージ」の最後の10項目が、今回リリースされた「AIを用いたアセスメントツール」。

これにより、自宅で英語発話時の正確性を測定できる。「パターンプラクティス」の発話内容を評価対象とし、画面に表示された日本語訳を見て発話された英文を録音。その後システム側が、解答テキスト及びネイティブの標準的な発音音声モデルからなる独自アルゴリズムにより録音音声を比較分析し、評価する。コンサルタントによる精度の高い課題発見、および解決策の提案につながるという。

CHIVOXは、学習者のスピーキング能力を「発音」「流暢さ」「内容」「文法」等の項目で診断し、改善点のフィードバックを行うクラウドサービス。上海市や江蘇省等の大学入試や高校入試のスピーキングテスト自動採点システムとしても利用されている。

関連URL

「STRAIL」

アイード

スタディーハッカー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス