1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アイード、スタディーハッカーのオンライン英語コーチングサービスにCHIVOX提供

2020年10月13日

アイード、スタディーハッカーのオンライン英語コーチングサービスにCHIVOX提供

アイードは12日、スタディーハッカーの英語学習コーチングサービス「STRAIL」に、CHIVOXの提供を開始したと発表した。

アイードは、英語スピーキング評価AI「CHIVOX」をPaaS(Platform as a Service)として展開するEdTechベンチャー。

CHIVOXは、学習者のスピーキング能力を「発音」「流暢さ」「内容」「文法」等の項目で診断し、改善点のフィードバックを行うことが可能で、導入企業が自社の英語学習サービスに自由に搭載できるクラウドサービス。上海市や江蘇省等の大学入試および高校入試等の公的試験のスピーキングテスト自動採点システムとしても利用されている。スピーキング評価AIエンジンは、評価対象別(ワード/センテンス/パラグラフ/オープンクエスチョン、等)、かつ、レベル別(幼児レベル/普通レベル/ネイティブレベル)に用意される。

スタディーハッカーは、新型コロナウイルスの影響により、オンライン英語学習の需要が高まり、自習型の英語学習コーチングサービス「STRAIL」のオンライン受講割合は約80%。今後は、CHIVOXにより、英語発話時の正確性を自宅で測定することが可能になる。「パターンプラクティス」の発話内容を評価対象とし、画面に表示された日本語訳を見て発話された英文を録音。その後システム側が、解答テキスト及びネイティブの標準的な発音音声モデルからなる独自アルゴリズムにより録音音声を比較分析し、評価する。

関連URL

「STRAIL」

スタディーハッカー

アイード

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス