1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ライフサイエンス分野の研究支援サービス「Sophiscope」のオープンβ版を提供

2020年10月15日

ライフサイエンス分野の研究支援サービス「Sophiscope」のオープンβ版を提供

fukuは14日、ライフサイエンス分野の研究者を対象にした、同社の研究支援サービス「Sophiscope(ソフィスコープ)」のオープンβ版の先行利用の応募受付を開始した。

また、バイオ自然言語処理、機械学習エンジニアリング体制の強化を目的に、プライマルキャピタル2号投資事業有限責任組合、ディープコア社が運営するVCファンド、そして島田達朗氏を引受先とした第3者割当増資で、総額4500万円の資金調達も実施した。

「Sophiscope」は、ライフサイエンス分野の研究者を対象とした研究支援サービス。膨大な量のライフサイエンス論文の内容を、自然言語処理と機械学習を使って構造化することで、すべての実験条件を統一したフォーマットに整理する。

その結果、複数の論文を横断的に比較できるようになり、先行研究の検索と比較を広範囲かつ高速に実現できる。

オープンβ版では、がんの移植実験(Cell Line-Derived Xenograft, Patient-Derived Xenograft)に関して10万論文(3000ジャーナル)から2万のプロトコルを抽出。

抽出している実験条件とその種類数は10月14日現在、マウス22種、がん1370種、細胞株243種、評価指標7種。

オープンβ版では対象疾患をがんに絞っているが、今後は糖尿病、認知症、AIDSなどにも拡大する予定。また、実験条件の抽出を足がかりに、将来的には「論文の再現可能性の測定」、「実験条件の提案」、「実験結果のシミュレーション」などの機能も開発予定。

関連URL

「オープンβ版」申込み

「Sophiscope」

スタッフ募集

fuku

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス