1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 武蔵学園、データサイエンス研究所講演会を11月6日開催

2020年10月21日

武蔵学園、データサイエンス研究所講演会を11月6日開催

武蔵学園は、講演会「ニューヨークタイムズ紙の量的テキスト分析を通じた150年間の地政学的脅威の測定」を11月6日に開催する。

量的テキスト分析は、欧米で急速に発展。今回は、インスブルック大学の渡辺耕平氏を招き、ニューヨークタイムズ紙の150年にわたる分析から米国人が知覚した地政学的脅威を測定する最新の研究を紹介する。また、一般の人や初学者を対象に、データ収集、前処理、分析などの解説も行い、同学社会学部グローバル・データサイエンスコースに在籍する学生の基礎力向上にも寄与するという。

開催概要

演題:Measuring Geo-political Threat over 150 years through the New York Times
ニューヨークタイムズ紙の量的テキスト分析を通じた150年間の地政学的脅威の測定
講師:渡辺 耕平(インスブルック大学准教授)
日時:11月6日(金)14:40~16:10(受付:14:10~)
※講演は90分。質疑応答等で30分程度延長の場合も。
会場:武蔵大学1号館1001教室(対面)およびZoomライブストリーミング配信(オンライン)
参加費:無料
使用言語:日本語(スライドは全て英語)
申込み締切:11月4日(水)
申込み・問合せ
・予約申込制。メールで(1)~(6)を明記のうえ申込。
(1)「11月6日講演会」 (2)本学会場/オンライン参加の希望 (3)名前 (4)所属・職名(学年)(5)住所 (6)電話番号
・申込み専用アドレス: ds_info@sec.musashi.ac.jp
※武蔵大学会場は定員80名になり次第、受付終了。

関連URL

武蔵大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス