1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 量子のプログラミング・コンテスト「IBM Quantum Challenge」オンライン開催

2020年11月4日

量子のプログラミング・コンテスト「IBM Quantum Challenge」オンライン開催

IBMは、量子コンピューターの競技型オンライン・プログラミング・コンテスト「IBM Quantum Challenge」を、11月9日から3週間開催する。

Qiskitコミュニティ ハッカソン – マドリード 2019 (IBM Quantum’s Yuri Kobayashi, far right)

このコンテストは、初心者から経験者までがコンテスト形式のチャレンジに参加することで、量子コンピューティングに関する基礎から応用まで学ぶことができる。今年で3回目の開催。

9日に開始される3週間のチャレンジでは、「Qiskit」を使用して、毎週新しい演習問題に取り組むことで、量子コンピューティングの知識とスキルを向上させることができる。

高校生以上なら誰でも応募できるが、「IBMid」でアカウントにログインする必要がある。idを持っていない人は、手順に従ってid登録をしてから、Participant Applicationを完了させる。参加枠は2000人限定なので、早めの登録がオススメ。

開催概要

応募開始:11月8日19時00分(米国東部標準時)、11月9日9時00分(日本時間)
応募終了:11月29日午後6時59分59秒(米国東部標準時)、11月30日午前8時59分59秒(日本時間)
参加枠:2000人限定
チャレンジ内容:
■第1週目
量子計算の基礎を学ぶほか、有名な量子アルゴリズムであるグローバーのアルゴリズムを学習し、その特性を探る。第2週に備えるためのウォーミングアップ的な内容
■第2週目
近未来の量子システムを想定した量子データ構造の実装を学習し、グローバーのアルゴリズムを使って解く量子ゲームソルバーを設計する方法を学ぶ
■第3週目
参加者はより複雑なデータ構造を扱うことを求められ、前の週に学習したグローバーのアルゴリズムを使って問題を解くことが求められる。経験豊富な量子プログラマーにとっても、難しく感じる。問題を解けたなら、「敬意を表す」という

詳細・申込

関連URL

「Qiskit」

日本IBM

町全体でICT化を推進 福島県西会津中学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス