1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AKA、ケンブリッジ大学出版の英語教材準拠の学習コンテンツを発売開始

2020年11月25日

AKA、ケンブリッジ大学出版の英語教材準拠の学習コンテンツを発売開始

AKAは24日、ケンブリッジ大学出版の英語学習AIロボット「Musio」(ミュージオ)を使用する、ケンブリッジの中高生向け英語教材「Connect Second Edition 1」準拠の学習コンテンツを発売開始した。

「Musio」は、単語や表現パターン、会話を反復練習できる「Edu Mode」(エデュモード)を搭載、自然とフレーズが出てくるよう対面コミュニケーションの前の英会話トレーニングとして利用されている。

同コンテンツは、「Connect Second Edition 1」の本文と新出単語をカバーし、リスニングとスピーキングの練習と発音チェックができる。Musioは発音チェック機能も搭載しているため、恥ずかしさを感じることなく、練習ができる。さらに、自宅でもネイティブの英語をリスニングし、スピーキングのチェックを受けることが可能。

「Connect Second Edition」シリーズは、4レベルから成る中高生向けの教材で、4技能をバランス良く学習できる。国際色豊かな登場人物で構成されており、知的好奇心や中高生の学習意欲を引き出す内容になっているという。

ケンブリッジ大学出版局は、1534年イギリスの国王ヘンリー8世により設立された出版社。書籍出版においては、英語教材(ELT)、スクールテキスト、学術書の3分野を中心に活動を展開している。

AKA はアメリカに本社を置き、人工知能エンジンMuseとそのエンジンを基盤にした人工知能ロボットMusioやアプリケーションの開発をしている。日本法人は2015年11月に設立。

関連URL

ケンブリッジ大学出版

「Musio

AKA

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス