1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 授業支援システム「schoolTakt」、情報経営イノベーション大学が全学で導入

2020年11月27日

授業支援システム「schoolTakt」、情報経営イノベーション大学が全学で導入

コードタクトは26日、同社の授業支援システム「schoolTakt(スクールタクト)」が、情報経営イノベーション専門職大学(iU)の全学で導入されたと発表した。

iU 墨田キャンパス

学部や研究室などの一部利用ではなく、大学全学でのschoolTakt導入は、今回が初めてで、オンラインでの協働学習や学習ログを活用した成績評価などに活用されている。

iUは、イノベーションに関する知識と専門スキルを研究し、実践的で応用的な能力を持った人材を育成する大学。4月の開校から、コロナ禍の影響で全面オンラインでの授業を余儀なくされた。

学生同士が対面することなく、オンラインだけで授業が進んでいく状況下で、「イノベーションプロジェクト」という授業では、積極的にschoolTaktを活用したアクティブラーニング中心の授業を実施。

「イノベーションプロジェクト」は、学生が4年間での起業を目指し、数人のグループに分かれ、グループに与えられた課題に対してアウトプットを重ねていく授業。

この課題解決型の授業では授業外でのグループのコミュニケーションが重要だが、schoolTaktの共同編集モード(受講生が、他の受講生の課題回答画面を編集できるモード)により、遠隔でもグループの都合の良い時間に1つの課題に協働して取り組むことができるようになった。

schoolTaktは、授業見学に行かなくても、他の教員が作成した課題やそれに対する学生の回答・コメントなどを、教員同士で参照しあうこと、共有することが簡単にできることから、iUでは講義中心から、グループワーク中心の授業構成へと教え方を考え直し、アップデートする教員が増加。教員同士の学び合いにも繋がったという。

今後、同社では、iUと協働し、コメントした数だけでなく、コメントの内容や関わり方から、グループへの貢献度を評価できる仕組みについて、検討・実証を行っていく予定だという。

関連URL

情報経営イノベーション専門職大学

導入事例の詳細

「schoolTakt」

コードタクト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス