1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. プラハ、自走できるITエンジニアを育成する「PrAha Challenge」が始動

2020年12月3日

プラハ、自走できるITエンジニアを育成する「PrAha Challenge」が始動

スタートアップに特化して受託開発を行うプラハは2日、実践的な課題にチームで取り組むオンライン完結型ブートキャンプ「PrAha Challenge」を始動したと発表した。

ITエンジニアの不足が年々深刻化する日本では多くのプログラミングスクールが設立され、未経験からジュニアクラスのエンジニアを育成する環境は整備されつつある。しかしエンジニアを育成する制度を自社に持たずOJTに依存する企業や、高品質なサービスの開発経験を積めない企業も多く、エンジニアの技量向上は個々人の自発的な取り組みに委ねられる事が多い。

こうした状況を受け同社はエンジニア採用・育成ノウハウを活用しオンライン完結ブートキャンプ「PrAha Challenge」の提供を開始した。実務で求められる重要知識を凝縮し効率的に学べる環境を用意することを通じて、所属企業を問わずエンジニアが技量向上に挑める環境を作り、開発者の技量の底上げを目指す。

カリキュラムは開発経験2年未満の経験者を想定し、同社の現役エンジニアが作成。「ドメイン駆動設計」「TDD(テスト駆動開発)」「データベース設計」など、大半の環境で高品質なサービスを自走して開発できる「中級レベルの開発者」として重要度の高いテーマを厳選することで、実務で役立つ知識を集中的に学び、最も効率よく開発者としての技量を伸ばせる仕組みを提供する。

在籍中は同社に所属する現役エンジニアに課題の実装方法などに関して相談できるほか、スタートアップ経営者や採用担当者との交流会、PrAha Challengeスポンサー企業からの特別課題への挑戦などを通じて、よりレベルの高い開発環境を持った企業への転職も包括的に支援していく。

募集にあたり事前にテストを実施、合格者はオンラインによる説明会やメンターとのWEB面談を経て26日から受講開始となる。応募希望者は、16日の18時までに事前に申し込みとテストを済ませる。

関連URL

PrAha Challenge

プラハ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス