1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「第2回ジャパン・ハッカソン」2月開催 参加者を募集

2020年12月21日

「第2回ジャパン・ハッカソン」2月開催 参加者を募集

ジャパン・ハッカソン実行委員会は17日、コロナ禍で改めて必要性が認識された「貧困をなくそう」、「すべての人に健康と福祉を」といった目標をはじめ、新しい生活様式を前提としたWITH/POSTコロナ社会の中でもSDGsが達成できるよう、世の中を大きく変える可能性を秘めた最先端の科学技術(Deep Tech)により取り組みを加速させるアイデアを競い合う「第2回ジャパン・ハッカソン」を開催すると発表した。

ジャパン・ハッカソン実行委員会は、京大起業部インターナショナル、京都府、京都知恵産業創造の森、京都産業21、関連企業などで構成されている。

第2回ジャパン・ハッカソンの特徴は、京大起業部インターナショナルが持つ独自の国際的ネットワークを活かし、欧米だけではなくアフリカや中東なども含む世界各国から起業家や起業を志す学生などの参加が予定されており、世界共通のゴールであるSDGs達成に向けて、国ごとの現状や文化の違いを直に感じながら、深い意見交換を経て、具体的で実効性のあるアイデアにブラッシュアップすることができるという。

開催概要

開催日程:2021年2月5日(金)16:00〜7日(日)20:00(日本時間)
会場:オンライン開催(Web会議システム(Discord)を利用)
テーマ:「SDGs × Deep Tech」(SDGs達成をDeep Techで加速させるアイデアを競う)
参加者:SDGsの達成を加速させるアイデアがある人、もしくは技術がある方(プログラマー、デザイナー、プロジェクトマネージャーなど)
定員:応募者の中から以下により選抜された50人程度で開催
①アイデア提供者:
特設サイトから応募し、審査員が開催前に10人程度を選抜(選抜された人はチームリーダーとなる)
②技術提供者:
特設サイトから応募の上で、開催初日にチームリーダーのアイデアプレゼンを聞き、参加を希望するチームへオファー(チームリーダーがチームメンバーを開催初日に選抜)
チーム構成:チームリーダーにチームメンバー(技術提供者)を加えて3~5人でチームを編成
応募期限:2021年1月15日(金)23:59まで(日本時間)
参加費:無料
使用言語:英語
大賞:賞金50万円
審査員・メンター:SDGsやDeep Techに関わる世界の第一線で活動している人を予定
詳細

応募 

関連URL

ジャパン・ハッカソン実行委員会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
クラウド授業支援 画面と表情を同時に確認 TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス