1. トップ
  2. データ・資料
  3. コロナ禍の学びについて老若男女500人に聞いた =デザインワン・ジャパン調べ=

2020年12月25日

コロナ禍の学びについて老若男女500人に聞いた =デザインワン・ジャパン調べ=

デザインワン・ジャパンは23日、運営する店舗の口コミ・ランキングサイト「エキテン」のユーザーに、コロナ禍で「挑戦したいオンラインレッスン」のアンケートを実施したと発表した。

2020年上半期、緊急事態宣言の発令などで休業を余儀なくされた店舗も多くあった。その際、一時的な施策としてZoomなどを利用した「オンラインレッスン」を始めるという動きが多くの教室やスクールでみられたが、意外と「商圏が広がる」「顧客の幅が広がる」という利点があることに気づき、緊急事態宣言後もオンラインレッスンを継続している教室も多いという。

7月、同社が運営する中小事業者の研究機関「エキテン総研」が実施した調査において、エキテン掲載中の店舗でオンラインレッスンを実施している教室に、実施オンラインレッスンをし始めた時期を質問したところ、実に7割の店舗が4月以降と回答。

「挑戦したい!!オンラインレッスンランキング」のアンケートは、店舗の口コミ・ランキングサイト「エキテン」のユーザー(全国20~70代男女)を対象に10月26日~10月28日にかけてインターネット調査で実施。回答数は500。

ランキング結果は、1位 運動(スポーツ全般・バレエ・ダンス・ヨガ・トレーニング等200票、2位 英会話153票、3 位 パソコン操作122票、4 位 資格試験対策113票、5位 料理105票、6位 音楽(楽器・歌唱・作曲 等)103票、7位 プログラミング66票、8位 アート(絵画・写真・陶芸・手芸・フラワーアレンジメント等)58票、9位 カメラ50票、10位 その他外国語37票。※回答は複数回答。

1位は「運動(スポーツ全般・バレエ・ダンス・ヨガ・トレーニング等)」。東京都では、都知事から年末年始の外出自粛の呼びかけがあったが、コロナ禍で家にこもり、運動不足になっている人も多いという。自宅でも効果的な運動ができるよう、オンラインでプロに身体の動かし方を教えてほしい、という需要が大きいことがわかった。

2位以下では、英会話やパソコン操作、資格試験対策など、不確実な時代に少しでも役に立つ知識や技術を身につけたいと考える人も多いという。

オンラインレッスンは、これまで「通いたいが近くに教室がなかった」という地理的な制約や、「通いたいが教室に行く時間がない」などの時間的な制約を取り除くことができ、かつコロナ禍でも人と接すること無く学びを深めることができるという点で、人々の生活を豊かにする新たなスタンダートとなるかもしれないという。

関連URL

エキテン

デザインワン・ジャパン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス