1. トップ
  2. データ・資料
  3. コロナ禍でオンラインレッスンを始めた店舗が7割 =エキテン総研調べ=

2020年8月20日

コロナ禍でオンラインレッスンを始めた店舗が7割 =エキテン総研調べ=

エキテン総研は18日、全国の店舗関係者に対して「オンラインレッスンに関する調査」を実施したと発表した。

回答した店舗のうち26%が、オンラインレッスンを実施していると回答。また、このうち70%の店舗が、4月以降に実施し始めたと回答。新型コロナウイルス感染症の影響で営業
自粛を余儀なくされた店舗が、生き残り策としてオンラインレッスンを開始。

回答した369店舗中、228店舗が「顧客のつなぎとめに成功した」と回答。休業中も、生徒や顧客とのコミュニケーションを絶やさないことで、顧客の繋ぎ止めに成功。

今後もオンラインレッスンを続けるかという問いに対し、実に75%の店舗がはい、と回答。コロナの余波が続いている状況を鑑みると、今後も継続してオンラインレッスンを実施していく方針の店舗が多数。

また、オンラインレッスンを実施したことで「商圏が広がった」「顧客の幅が広がった」と回答した店舗のほとんどが、オンラインレッスン継続の意思を示していることから、コロナ対策としてだけではなく、事業を拡大していく新戦略として、オンラインレッスンを実施していく店舗も多いという。

オンラインレッスンを実施していない店舗は、何を障壁と感じているかという問いに対し、「PC操作が不慣れ」「コンテンツの内容に悩んでいる」「ネット環境の整備」と回答。また、店舗側の設備や環境が整っていても、レッスンを受ける側の受講者のリテラシーや環境も必要になってくるため、不慣れな店舗は二重にハードルを感じるという。

今回の調査では、実施できない店舗には、大きな障壁があるとわかった一方、コロナ禍でオンラインレッスンを実施し始めた店舗は顧客の繋ぎ止めに成功したことや、商圏や顧客の幅が広がったというメリットを感じ、今後も継続の意思を持っている店舗が多数である。

今回の調査は「エキテン」に掲載中の全国の店舗経営者および集客・販促担当者を対象に、6月30日~7月3日にかけて、インターネット調査で実施。有効回答数は1545人。

関連URL

デザインワン・ジャパン

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス