1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ソニー・グローバルエデュケーション、「VIRTUAL KOOV」の提供を開始

2021年2月1日

ソニー・グローバルエデュケーション、「VIRTUAL KOOV」の提供を開始

ソニー・グローバルエデュケーションは1月28日、ロボット・プログラミング学習キット KOOV(クーブ)の法人向けサービス KOOV for Enterprise の利用者向けに、アプリ上の3D 空間でロボット・プログラミングが学習できるサービス「VIRTUAL KOOV」の提供を4月から開始すると発表した。

2017年に販売を開始したKOOVは、ブロックを組み合わせて遊ぶ中で表現力を高め、プログラムで動かすことで探求心を培い、子どもたちの創造力を育成するロボット・プログラミングキット。日本、中国、アメリカの子どもたちによって専用のアプリケーション上に投稿されたロボットは 15 万作品を越えているという。

VIRTUAL KOOV は、さらに物理演算シミュレーターによって摩擦や重力の概念までを再現し、極めて現実の世界に近い形で問題解決の学びをアプリケーション内で完結できるもの。そのため、物理的な場所や機材など学習環境の制約なく、オンライン教育にも活用可能。また、今後国際的なロボットコンテスト KOOV Challenge の開催やオンライン経由での作品共有機能を通じて、ユーザー同士の学び合いをサポートする予定。

VIRTUAL KOOVは、Windows、Mac、iPad に対応した専用のKOOVアプリで、直感的に理解できる「ビジュアルプログラミング」を利用しながら操作が可能。そのため他のビジュアルプログラミング環境である ScratchやMakeCodeを利用した学びからも、スムーズにステップアップが可能。

VIRTUAL KOOVに対応した専用のデジタル教材をあわせて提供。バーチャル空間の特長と
ゲーミフィケーションの要素を組み合わせた課題解決型の教材のため、楽しみながらプログラミング的思考を育むことができる。

情報通信ネットワークや人工知能(AI)など、これまで体験的な学習が難しいとされる領域への対応を予定。バーチャル空間で様々な実験を行うことで、段階的にロボット・プログラミングからコンピューターサイエンスまでを学べるようになるという。

関連URL

KOOV

ソニー・グローバルエデュケーション

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使用するPCのセキュリティ対策できてますか? Yubi Plusで対策する! 先生方にもテレワークを! Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス