1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ロボット・プログラミングコンテスト「KOOV Challenge」のエントリー受付開始

2022年7月27日

ロボット・プログラミングコンテスト「KOOV Challenge」のエントリー受付開始

ソニー・グローバルエデュケーションは26日、ロボット・プログラミングコンテスト「KOOV Challenge2022」のエントリー受付を開始した。


同コンテストは、ロボット・プログラミング学習キット「KOOV」のユーザーを対象にした国際コンテストとして2017年にスタート。第6回の今年は、「安全」「ファッション」をキーワードに、日本と中国のKOOVユーザーから作品を募集する。

また、昨年はKOOVユーザー以外も参加できるように、アプリ上の3D空間でロボット・プログラミングを行い獲得ポイントを競う「VIRTUAL KOOV部門」を新設したが、今年はアカウント作成やアプリのインストールをしなくてもブラウザで参加できるようになっている。

KOOVは、ブロックで自由な「かたち」をつくり、「プログラミング」で様々な「動き」を与えて、学び、創造力を育成するロボット・プログラミング学習キット。一人ひとりが違う「かたち」をつくれることをコンセプトにしている。

コンテスト開催概要

エントリー期間:7月26日(火)~9月8日(木)15:00頃
結果発表:10月17日(月)13:00頃(教育情報サイトで発表)
募集部門:(日本、中国それぞれ国ごとで募集・表彰)
■ロボット制作部門(KOOVを持っている人向け)
テーマ:「身につけるセーフティ〜安全で新しいファッションを考えよう〜」
募集学年:未就学、小学校低学年、小学校高学年、中学生以上
■VIRTUAL KOOV部門(KOOVを保有しない人向け)
テーマ:「雪かき2022〜街の安全を守ろう〜」
募集学年:8歳未満、8歳〜12歳未満、12歳以上
エントリー方法:
①KOOVアプリからエントリー
Sony Global Educationアカウントを作成後、KOOVアプリをダウンロード。アプリの「じゆうせいさく」でKOOV Challengeの各部門にエントリーできる
②ブラウザからエントリー(VIRTUAL KOOV部門のみ)
KOOV Challenge公式サイト(https://challenge.koov.io/hc/ja)からエントリ―。エントリー期間中に「コンテストに参加する」ボタンをクリックする。Sony Global Educationアカウントを持っていれば、ログインして参加すると上位入賞時に表彰の対象になる

詳細・申込

関連URL

「KOOV」

ソニー・グローバルエデュケーション

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス