1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スタディプラス、塾のオンライン指導サポート機能の「開発ロードマップ」発表

2021年2月3日

スタディプラス、塾のオンライン指導サポート機能の「開発ロードマップ」発表

スタディプラスは2日、同社の学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」の、学習塾でのオンライン指導をサポートする機能の「開発ロードマップ」を公開した。


教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」は、学習管理アプリ「Studyplus」で生徒の学習進捗を可視化し、教師のオフライン及びオンラインのコミュニケーションを支援するサービスで現在、全国の学習塾・予備校約500校以上が導入。

「Studyplus for School」開発ロードマップ概要

■「Zoom連携機能」(2020年秋リリース済み)
内容:オンライン指導では、生徒への授業だけでなく面談や自習室、保護者への説明会、スタッフとのミーティングなど、様々なコミュニケーションがオンラインで実施される。ZoomのミーティングURLの発行からミーティング相手へのURL共有を、Studyplus for School上ですべて可能にすることで、学習塾のオンライン指導業務を効率化する
詳細
■「Google Classroom 連携機能」(2020年冬リリース済み)
内容:オンライン指導の拡大を通して大きなテーマになっている、オンラインでの課題管理について、課題の配布・提出・採点を行うために教育機関で広く活用されているGoogle Classroomと接続し、Studyplus for Schoolでの一括管理を実現
連携することで、Google Classroomでの生徒の課題提出をStudyplus for School上で確認できる。また、Google Classroomの課題の採点画面へワンクリックで遷移でき、両サービスのシームレスな活用ができる
詳細
■「カレンダー機能」(2021年3月リリース予定)
内容:カレンダー形式で、学習計画や学校・プライベートの予定などすべてのスケジュールを入力することができる。可処分時間を可視化することで、生徒への指導でより精緻に学習計画をサポートできるようになる
■「コンテンツ配信機能」(2021年4月リリース予定)
内容:教師が収録した動画や教材を、生徒に配信できる機能。生徒は、配信されたコンテンツをStudyplusを通して学習できるようになり、学習記録もStudyplusに自動で登録される

関連URL

「開発ロードマップ」

「Studyplus for School」

スタディプラス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス