1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スタディプラス、「Studyplus for School」と「Google Classroom」の接続を開始

2021年2月16日

スタディプラス、「Studyplus for School」と「Google Classroom」の接続を開始

スタディプラスは15日、同社の教育事業者向けプラットフォーム「Studyplus for School」と学習プラットフォーム「Google Classroom」との接続を開始したと発表した。

今回の接続で、「Google Classroom」で生徒が課題を提出すると、「Studyplus for School」に勉強記録として自動記録されるようになる。

他の教材の学習状況と同様に、「Google Classroom」での課題の提出状況についても「Studyplus for School」を通して確認することができる。

また、「Studyplus for School」の勉強記録から、「Google Classroom」の課題を確認できる。勉強記録の「詳細を確認」を押すと、該当生徒の提出物を確認する「Google Classroom」画面が開かれ、すぐに返却や採点作業を行うことができる。

さらには、講師が課題の返却や採点を行うと、該当の勉強記録へコメントが通知される。生徒は「Studyplus」アプリから、勉強記録へのコメントを通して講師の課題返却や採点が完了したことを確認できる。

なお、同社は2月4日に、Google for Education パートナープログラムで、Technology Partner の認定を取得した。

「Studyplus for School」は、学習管理アプリ「Studyplus」によって生徒の学習進捗を可視化し、講師のオフライン及びオンラインのコミュニケーションを支援するサービス。

現在、全国の学習塾・予備校約1500校以上に導入され、少子化・採用難・地域格差という社会課題が広がる中で、教育機関の新しいあり方・講師の新しい働き方をテクノロジーで実現する、いわゆる「デジタル トランスフォーメーション(DX)」を目指している。

関連URL

接続の詳細

スタディプラス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス