1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. モノグサ、Webセミナー「教育現場で本当に使える ICTツール活用術」26日開催

2021年2月8日

モノグサ、Webセミナー「教育現場で本当に使える ICTツール活用術」26日開催

学習プラットフォーム「Monoxer」を提供するモノグサは、「教育現場で本当に使えるICTツール活用術」をテーマに2月26日にWebセミナーを開催する。

同セミナーでは、河合塾Wingsで生徒指導をしながら、ICT担当も兼任していた西村創氏が登壇。自塾の強みをもっと打ち出していきたい、ICTツールに興味があるものの、特に情報収集をされていない、実際に教育現場で成果を出すことができた、ICTツールの活用方法を知りたい、ICTツールは導入したものの、生徒のやる気を高める方法がわからないという人を対象にしたもの。教育現場で機械(ICTツール)に任せるべき部分、ヒトが担うべき部分、塾での導入で障壁となるポイントと解決方法、ICTツールを活用しながら、生徒のやる気を高める方法、課題別にオススメなICTツールを紹介する。

講師の西村 創氏は早稲田アカデミー、駿台、河合塾Wings等で指導歴25年、指導した生徒は3000人を超える。新卒入社の早稲田アカデミーでは入社初年度に生徒授業満足度全講師中1位を取り、社長から表彰される。現在は教育・受験指導専門家として教育書や参考書の執筆、全国の学校講演など幅広く活動しながらも中学校や高校で特別授業を行っている。テレビ・新聞・雑誌などのメディア出演、掲載多数。 著作物はすべての書籍が重版増刷中。著書に「子どもを勉強好きにする20の方法」(WAVE出版)、「1分あれば中学生のやる気は引き出せる!」(PHP研究所)、「中学歴史が面白いほどわかる本」(KADOKAWA)などがある。

「Monoxer」は、教師が覚えて欲しい内容を登録するだけで、その内容を定着するために必要な問題が自動で作成される。生徒は作成された問題をスマホやタブレットのアプリで学習していく。一人ひとりの習熟度・忘却度に応じて、リアルタイムで問題の出題頻度や難易度が調整されるため、各自に合ったレベルの学習が実現できる。また遠隔でも生徒の学習状況・定着度が分かるため、通学・通塾が困難な状況でも、遠隔できめ細やかな指導を行うことが可能。

関連URL

WEBセミナー申込先

モノグサ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス