1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 教育関係者向けコミュニケーションサービス「CATALY(カタリー)」3月6日公開

2021年2月24日

教育関係者向けコミュニケーションサービス「CATALY(カタリー)」3月6日公開

CATALYは、教育関係者向けコミュニケーションサービス「CATALY(カタリー)」を3月6日に公開する。

CATALYは、教育関係者同士が、匿名性を担保したうえで語り合えるサービスで、サービス名は英語で触媒を意味するCatalystからつくった造語。人と人を繋ぐ「触媒」になり、多くの先生同士が気軽に「語り」あって欲しいという願いを込めたという。

開放的なSNSと異なり、匿名での1対1のコミュニケーション(チャット)にこだわっているので、プライバシーが守られ、密なコミュニケーションを促すという。

違う地域の先生同士の情報交換や、リアルの場では打ち明けにくい悩みの相談、教師を志す学生が実習以外で教師に話を聞く等の利用を想定している。

関連URL

CATALY

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務情報を安心・安全に利用 校務用PCの二要素認証ログイン 秀明英光高等学校 導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス