1. トップ
  2. データ・資料
  3. インタースペース、「小・中学生の塾通い」に関する実態調査の結果を発表

2021年2月26日

インタースペース、「小・中学生の塾通い」に関する実態調査の結果を発表

インタースペースは25日、同社の「ママスタまなび」で、小・中学生の子どもがいる母親1037人を対象に実施した、まなびに関する実態調査第4弾「小学生・中学生の塾通い」に関する調査の結果をまとめ発表した。

それによると、保護者に「現在子どもは学習塾・進学塾(自習型学習塾や通信教育・家庭教師などは除く)に通っているか」と質問したところ、小学生は24.3%、中学生は54.2%が塾に通っていることが分かった。

通っている塾の形態を聞いたところ、小学生は個別指導塾(45.2%)と集団指導塾(49.2%)に通っている割合がほぼ同等だった。

中学生は、個別指導塾が53.0%、集団指導塾が41.1%で、中学校へ進学すると個別指導塾へ通う割合が増えることが分かった。

塾に通い始めたきっかけを質問したところ、小学生の場合は「受験のため」(32.2%)が最も多く、中学生の場合は「成績が不安なため」(52.4%)が半数を超えていた。 また、塾に通う頻度は、小・中学生ともに「週に2回通う」が最も多かった。

塾を選ぶ際に重要視する点は、「子どもと塾の雰囲気が合うか」という塾との相性、また「教室までのアクセスの良さ」という安全性・利便性を考慮して決定している保護者が多かった。

「月謝や塾の費用」などの金額面をあげる保護者多く、塾の評判に関しては小・中学生の保護者ともに「レビューなどのWEBの評判」より「知人の口コミでの評判」を重要視している人が多いことが分かった。

塾の月謝(春期・夏期・冬期講習などの金額を除いた月額の合計)を確認したところ、小・中学生ともに「10,001〜20,000円」という回答がもっとも多いゾーンだった。

また、合わせて過半数を占める割合になったのは、小学生は「〜20,000円以内」ゾーン、中学生の場合は「10,001〜30,000円以内」ゾーンで、塾にかける費用は大きくなるにつれて高額になる傾向がある。

この調査は、小・中学生の子どもを持つ母親1037人を対象に、1月22日~2月8日にかけて、同社のメディア「ママスタ」内でアンケートを取って実施した。

関連URL

調査結果の詳細

「ママスタ」

インタースペース

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使うパソコンのセキュリティ対策は? できてない! バッチリです Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
クラウド授業支援 画面と表情を同時に確認 TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス