1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 教育ネット、体験で学び合う情報モラル教材「お助けネットクラウド」50自治体限定で無料提供

2021年3月5日

教育ネット、体験で学び合う情報モラル教材「お助けネットクラウド」50自治体限定で無料提供

教育ネットは3日、情報モラル教育のクラウドサービス「お助けネットクラウド」の無料提供を 50 自治体限定で開始したと発表した。

同サービスは、動画やクイズ、対話型コンテンツから、子どもたちが体験を通して情報モラルを学べるクラウドサービス。2020年は Edtech 補助金もあったことから、生徒一人につきパソコン一台の環境での実証を目的に、小学校41校、 中学校16校の計57 校に導入された。

2021年は、4月から無料提供を開始予定。実際に利用した教職員の意見を生かしながら、改善や改良を加え、ネット利用における簡易的なアンケート機能を設けるなど、コンテンツをさらに充実させた。先行公開した一部は登録不要で閲覧可能だが、サービスの全機能を利用するには登録が必要。今なら先着 50 自治体に無料で提供する。

GIGA スクール構想が進む今、1人1台だからこそ、体験を通して学び合い、活用するためのネットリテラシー が必要とされている。このような状況下、同社は横浜国立大学との共同研究から知見を得て、情報モラルのクラウド型教材である同サービスを開発した。安全な環境下で、児童・生徒・教職員が、体験しながら情報モラルを学ぶことができる。インターネットが持つ良い面・悪い面、両方を学びながら、子どもたちが学習や生活に、よりよくインターネットを活用していくことを狙いとしている。

同サービスでは、タブレットの扱いやパスワードや ID、著作権や肖像権など端末導入時に知っておくことを、 児童・生徒が動画や対話型コンテンツで学ぶことができる。

児童・生徒へのアンケート結果から各学校の利用状況を把握できるほか、 キャラクター「ネット妖怪」を通して、インターネットの特徴・困りごとが学べる。有料のオプションで、ネット利用に関する実態調査を行った集計や分析。クラス別報告書、診断レポート、各種比較報告書を提出、オンラインツールの使い方説明、事前の接続テストなど、遠隔授業を行うための支援も行っている。

「お助けネットクラウド」先行公開

登録申込み

関連URL

教育ネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 定期配送お申込フォーム
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス