1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「年収格差=夢格差」日本で顕著な傾向 =スプリックス基礎学力研究所調べ=

2021年3月10日

「年収格差=夢格差」日本で顕著な傾向 =スプリックス基礎学力研究所調べ=

スプリックス基礎学力研究所は、日本の教育実態を把握すべく、世界11カ国2万2000人の子ども・保護者を対象に学習に関する意識調査、および基礎学力調査を実施し、9日その結果を公表した。

調査は6歳~15歳の子ども(各国1000名、合計1万1000名)とその保護者(1万1000名)を対象に、インターネットを通じて昨年8~9月に行われた。それによると、「将来なりたい職業はない」と答えた日本の子どもは30.6%と、世界と比べて高い水準になっている。

さらに世帯年収別に分析すると、世帯年収が平均より高い場合は24.7%、平均以下の場合は31.1%で、6.4ポイントの大きな差があり、他国のスコアと比較すると「日本は世界の中で最も夢格差が大きい国である」と考えられる。

世帯年収が平均より高い場合には「親戚の医者や研究者の話を直接聞いて憧れを持った」などの声が聞かれた一方、平均以下の年収の場合は「スマホでYouTuberや芸能人を見て憧れを持った」などの声が特徴的となり、経験から見る夢とスマホで見る夢の違いが見られた。

また基礎学力調査では、世帯年収が平均より高い家庭の子どもの正答率は64.8%、平均以下の場合は56.4%と差が見られ、基礎学力の差が自己肯定感や自信の差につながり、それが結果的に「将来なりたい職業がない」という状態につながっていることが推察されるとしている。

関連URL

スプリックス基礎学力研究所

スプリックス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス