1. トップ
  2. データ・資料
  3. 採用計画で73.0%の企業は選考とインターンシップを連携させている =学情調べ=

2021年3月12日

採用計画で73.0%の企業は選考とインターンシップを連携させている =学情調べ=

学情は10日、「2022年卒採用の採用基準・採用予定」に関して、企業の人事担当者にアンケートを実施し、結果を発表した。

採用基準については、「変わらない」が71.8%で最多。「厳しくする」「やや厳しくする」の回答は27.1%で、2021年卒採用(新型コロナウイルス感染拡大前の、2020年1月に調査を実施)比11.0ポイント増加。採用基準に関しては、「2021年卒採用と同等」もしくは「厳しくする」という企業が大半を占めることが分かるという。

採用予定数に対する内々定出し数の割合は、「100%」が25.8%で最多。「101~140%」と回答した企業の割合は、2022年卒採用が2021年卒採用を上回った。一方、「141%~」は、2022年卒採用が2021年卒採用を下回っている。内定辞退を想定して、採用予定数よりも多く内々定出しをする傾向は続くものの、1.5倍や2.0倍など、大量に内々定を出す企業は減少傾向であることがあるとうかがえる。

選考とインターンシップの連携については、「インターンシップ内で選考・内々定出しを行っている」6.2%、「インターンシップ参加者は通常選考で優遇する」34.6%、「通常選考で優遇まではしないが、インターンシップ参加者限定の情報提供やセミナーなどを実施している」32.2%。73.0%の企業は、選考とインターンシップを連携させていることが明らかに。

この調査は、企業人事担当者を対象に1月5日~1月31日にかけて、Web上でのアンケートで実施。有効回答数は、2394件。

関連URL

アンケート詳細

学情

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 先生、私の弱点ってどこですか? スタディサプリ 塾・予備校向けサービス 無料オンライン説明会予約受付中
  • 集中力を見える化 質の高い授業へ オンライン授業 e-ラーニング カメラ AI MIRAXIA
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス