1. トップ
  2. データ・資料
  3. 24年卒学生の97.4%が夏のインターンシップへ参加を希望 =学情調べ=

2022年6月14日

24年卒学生の97.4%が夏のインターンシップへ参加を希望 =学情調べ=

学情は10日、2024年3月卒業予定の大学生・大学院生を対象に「インターンシップ」をテーマに調査したインターネットアンケートの結果を発表した。

それによると、夏のインターンシップへの参加を「希望する」と回答した学生は97.4%に上った。大半の学生が、夏のインターンシップへの参加を希望しており、関心の高さが伺える。


インターンシップを選ぶ基準は、「志望業界である」が71.3%で最多。次いで「インターンシップの内容が面白そう」57.1%、「志望職種である」45.8%が続いた。「内定に直結する」32.7%、「選考での優遇がある」32.3%も回答を集めており、選考と連携しているインターンシップのニーズも高いことがわかる。「実際の仕事を体験して、業界や職種への理解を深めたい」「社員との交流や職場体験を通して、企業の雰囲気を知りたい」「就職活動につながるインターンシップに参加したい」などの声が寄せられた。

インターンシップに求めることは、「業界理解を深めたい」が88.9%で最多。次いで「職種理解を深めたい」77.4%、「就活ノウハウを得たい」49.4%、「実際の仕事を体験したい」47.2%が続いた。「活躍できる企業に就職するために、業界や職種への理解を深めたい」「業界や職種の理解が深まれば、志望理由に説得力を持たせることができると思う」「業界や仕事内容の理解を深めることで、就職活動を有利に進めたい」などの声が上がった。


インターンシップの情報収集を開始した時期について、「大学3年生の4月~5月」と回答した学生が57.4%で最多。「大学1年生のとき」4.2%、「大学2年生のとき」23.7%となっており、約3割の学生は、大学1・2年生のときから、インターンシップの情報収集を開始していることがわかった。

関連URL

学情

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス