1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. ヤマハ、デジタル音楽教材「ボーカロイド教育版II for iPad」を岡崎市の全小中学校が導入

2021年3月15日

ヤマハ、デジタル音楽教材「ボーカロイド教育版II for iPad」を岡崎市の全小中学校が導入

ヤマハは、同社とヤマハミュージックジャパンが開発・販売するデジタル音楽教材「ボーカロイド教育版II for iPad」が、愛知県岡崎市のすべての小中学校に採用されたと12日に発表した。

同市は、「岡崎版GIGAスクール構想」を独自に掲げ、市内の全小中学生約3万4000人分(小学校47校、中学校20校)のタブレット端末(iPad)と校内ネットワークの整備を昨年12月に完了し、児童生徒1人1台の環境を実現。

今回、同市の「より魅力的な学習ツールを」との教育への思いから、これら市内のすべての小中学校に整備されたiPadに「ボーカロイド教育版II for iPad」がインストールされた。
自治体のすべての小中学校に同教材が導入されるのは、今回が全国初。

同市の音楽科教育は、「探求」と「創造」という新しい「STEAM教育」の理念に基づいており、音楽科にとどまらない各教科と連携した横断的な学習への活用も想定して、同教材が導入された。

すでに一部の小中学校では、同教材の先行活用が始まっており、来年度から各校で順次本格的に活用が開始される予定。

先行導入した同市立「南中学校」では、2年生の音楽科授業で同教材を活用した創作学習を実施。

17音の世界最短の文学である俳句に旋律を付けて楽曲を創作するという内容で、授業を担当した教師からは「ボーカロイドを活用することで音楽の得手・不得手に関係なく表現できるようになり、生徒一人ひとりの可能性が広がったと感じた」との感想が寄せられたという。

同教材は、ヤマハ独自の歌声合成技術「VOCALOID(ボーカロイド)」を用いたデジタル音楽教材「ボーカロイド教育版」の最新版。

思い浮かんだメロディーをブロックのように並べ、歌詞を入力していくことで直感的に「歌づくり」ができる。子どもたち自らが意見を交換しながら作曲し、そして出来た曲を歌って披露するまでをゴールにするなど、創造性に溢れた主体的・対話的で深い学びを提供する。

関連URL

「スクール版ボーカロイド教育版II for iPad」

岡崎市の導入事例

ヤマハ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら YubiPlus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 22円/IDからの料金体系
  • 保護者や生徒との連絡手段でお困りではありませんか? 無料お試しキャンページ実施中! NTTレゾナント
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス