1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 一橋大、外国人留学生向け「クラス分け試験」のオンライン化を「WisdomBase」で実現

2021年4月27日

一橋大、外国人留学生向け「クラス分け試験」のオンライン化を「WisdomBase」で実現

シェアウィズは26日、一橋大学が外国人留学生向け日本語プレイスメントテスト(クラス分け試験)のオンライン化を、同社のSaaS型システム「WisdomBase(ウィズダムベース)」を活用して実現した発表した。

WisdomBaseは、オンラインテストのCBT配信・動画講座のオンライン配信や、コンテンツの有料販売環境を構築できる、法人向けシステム。

国内外の事業会社、大学や行政機関など様々分野で導入されており、対面サービスのデジタル化に活用されている。

今回、一橋大が外国人留学生向けの日本語プレイスメントテストを、WisdomBaseを活用してオンライン化したことで、場所に縛られない受験ができるようになった。

また、同大では、章ごとの制限時間設定をはじめ、タブ切り替え時の警告表示や、テキストコピーや右クリックの禁止設定などでのカンニング対策、音声ファイルの再生回数制限なども機能として活用している。

関連URL

「WisdomBase」

一橋大学

シェアウィズ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス