1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 千葉工業大学、「ロケットガール&ボーイ養成講座2021」参加者の募集開始

2021年5月14日

千葉工業大学、「ロケットガール&ボーイ養成講座2021」参加者の募集開始

千葉工業大学は12日、宇宙関連教育に注力をしていく一環として、第6回目となる「ロケットガール&ボーイ養成講座」を開催すると発表した。

同講座は、ハイブリッドロケットの設計・製作から、その打ち上げに至るまで、全て高校生自身の手で実現していく講座。さまざまな高校から集まった仲間たちとチームを組み、チームワークを高めながら、設計・製作・打ち上げという高度で複雑なプロジェクトの管理や、ものづくりの楽しさを体験し、ハイブリッドロケットの打ち上げ成功を目指す。

同講座では、次々と見つかる課題に対して、「チーム一丸となり課題に立ち向かうこと」や「みんなで考え、工夫しながら、自分たちなりの方法論で課題を解決していくこと」など、協働する醍醐味を体感しながら、同時にプロジェクト管理の重要性を学んでいく。

ハイブリッドロケットは、火薬などを使わず、液体あるいは気体の酸化剤と固体の燃料を組み合わせて推進剤とするロケット。そのため比較的安全性が高く、大きな推進力を得られることから、大学などにおけるロケット実験に多く使用されている。打ち上げ実験の安全確保には、企画運営側が徹底した安全管理と高校生自身には安全性に対する講義を行い、万全を期して実施する。

開催概要

開催スケジュール
6月20日〈キックオフ会〉場所:津田沼キャンパス
6月27日〈モデルロケット打ち上げ体験〉場所:津田沼キャンパス
9月 5日(日)〈打ち上げ直前報告会〉 場所:東京スカイツリータウン(R)キャンパス
10月30日(土)31日(日)〈ハイブリッドロケット打ち上げ本番〉場所:千葉県御宿町
※上記スケジュール以外にも、月に数回、大学で製作活動有り
対象:関東圏在住の高校生
参加費:無料
交通費:自己負担
募集締切:5月31日

参加申込

関連URL

「ロケットガール&ボーイ養成講座」

千葉工業大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス