1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 早稲田システム開発、「ポケット学芸員」が桑都日本遺産センター王子博物館に導入

2021年6月10日

早稲田システム開発、「ポケット学芸員」が桑都日本遺産センター王子博物館に導入

早稲田システム開発は9日、ミュージアム展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」が桑都(そうと)日本遺産センター 八王子博物館に導入されたと発表した。


同博物館では、オリンピックの開催やインバウンドを見据え、展示ガイドアプリを活用した多言語化を検討する中、昨年から続く新型コロナウイルスの脅威から、展示ガイドボランティアスタッフや来館者を守るためアプリ導入検討が加速した。併せて、5年後に予定されている八王子駅南口集いの拠点への本移転に向け、資料のデータベース化を進めている。管理・運用がしやすく、将来はインターネット上で資料データベースの公開も行うことができる仕組みの構築が求められていた。

同アプリは、スマートフォンを利用して展示解説などを楽しめるミュージアム向け無料ガイドアプリ。文字や画像のほか、音声や動画、多言語対応が可能で、複雑な仕組みを用いていないため、解説の登録やメンテナンスがしやすいことが評価されている。また、収蔵資料データベースを契約すると、複数館の展示ガイドが導入できることから、導入及び運用費用が安価であることが決め手となり、今回の採用に至った。

同博物館は、東京都内で唯一の日本遺産に認定されたストーリー「霊気満山 高尾山 ~人々の祈りが紡ぐ桑都ものがたり」と、古くから「桑都」と呼ばれる八王子の歴史と文化を市内外に周知する場所として、6月12日にJR八王子駅南口駅直結の大型商業施設のテナントとしてオープン。同館の運営を行う八王子市郷土資料館は、3月31日に展示場は終了したが、その他の業務は継続するとともに、2026度に予定する八王子駅南口集いの拠点への本移転に向け準備している。

日本遺産に認定されたストーリーを構成する大テーマ(高尾山、八王子のまちと人びと、八王子城と滝山城、桑都と織物)を18の小テーマで解説。このうち日本語解説では、展示テーマを担当する各学芸員が音声で解説。わかりやすくポイント解説している。「おうちではちはく」と称し、同博物館のポケット学芸員も利用者に楽しまれている。

関連URL

ポケット学芸員

桑都日本遺産センター 八王子博物館

早稲田システム開発

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi Welcome to talk共催 コロナ禍のメンタルヘルスケア対策 “明日使える”生徒指導のポイント 6/25(金) 16:00~ 無料
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • turnitin 無料eBook配布中 「アカデミック・インテグリティとは? その役割と重要性について」 無料ダウンロード
  • オンライン受検実施 AI検定 公開試験日 2021年8月1日(日) 情報処理能力認定委員会 サーティファイ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス