1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 早稲田システム開発、ミュージアム展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」が一関市博物館に導入

2022年8月12日

早稲田システム開発、ミュージアム展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」が一関市博物館に導入

早稲田システム開発は9日、スマホを利用して展示解説などを楽しめるミュージアム向け無料ガイドアプリ「ポケット学芸員」が、一関市博物館(岩手県一関市)に導入されたことを発表した。


一関市博物館では、来館者への展示解説について、団体来館者を対象として事前予約制で行っているため、いつでも誰でも展示解説を受けられる体制の整備が課題となっていた。また、新型コロナウイルス感染症対策をふまえた展示解説の提供も課題と考えていた。

「ポケット学芸員」は拡張性が高く、コンテンツの登録や更新が容易である点、導入や運用にかかわるコストパフォーマンスが良く、類似施設での導入実績が豊富である点などが評価された。また「ポケット学芸員」は、インターネットに常時接続して利用する方法のほか、ひとつのミュージアムのデータを利用者のスマホにダウンロードして利用することもできる。これは、ミュージアムの展示室の一部で電波状態が良くないケースがあるためだが、ダウンロードデータは24時間後に自動消去される仕様となっている。こうした細やかな情報管理機能も導入の決め手となった。

同館では、各展示室・展示コーナーの概要と、主な展示資料を「ポケット学芸員」で紹介していて、そのほとんどに画像と音声による解説がつけられている。

関連URL

「ポケット学芸員」

一関市博物館

早稲田システム開発

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス