1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 早稲田システム開発、展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」が長崎歴史文化博物館に導入

2021年3月29日

早稲田システム開発、展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」が長崎歴史文化博物館に導入

早稲田システム開発は26日、ミュージアム展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」が長崎歴史文化博物館に導入されたと発表した。

同博物館は、外国人観光客及び幅広い層に対する鑑賞等の満足度向上や図るために展示解説の音声ナレーションや多言語化を行い、スマートフォンで配信することを検討してきた。同アプリの機能として、対応言語を増やすことが可能になること、ランニングコストの面でも優れていたことが評価され選定に至った。常設展示室や復元された奉行所展示室で日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語に対応する(一部解説は、日本語と英語のみ対応)。

同博物館は、江戸時代、長崎奉行所立山役所が置かれていた場所に建物を復元し、現代的な博物館としての機能も共存させた博物館として2005年11月3日に開館。我が国有数の海外交流史に関する資料を所蔵し、「海外交流史」をテーマに大航海時代や、朝鮮・オランダ・中国との交流、長崎貿易等に関する長崎の歴史と文化を様々な角度から紹介している。

同アプリは、スマートフォンを利用して展示解説などを楽しめるミュージアム向け無料ガイドアプリ。ひとつのアプリを複数のミュージアムで共用的に使える点が特徴で、スマートフォンにインストールしておけば、全国のサービス実施館で展示ガイドを利用することができる。ガイド内容は、それぞれの博物館・美術館が独自に工夫して制作する仕組みを採用。館によってテキスト画面だけでなく写真や動画、音声など多様なスタイルで情報が配信されている。

関連URL

長崎歴史文化博物館

ポケット学芸員

早稲田システム開発

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス