1. トップ
  2. データ・資料
  3. 日本人の半分が語学学習に意欲的だが学習を始めたことがない人が52% =Duolingo調べ=

2021年6月11日

日本人の半分が語学学習に意欲的だが学習を始めたことがない人が52% =Duolingo調べ=

Duolingoは、世界で累計ダウンロード数5億を突破した無料語学アプリ「Duolingo」を日本市場に普及させていくにあたり、日本在住者男女10代~50代の合計1000人を対象にした「日本人の語学学習に関する調査」を実施し、結果を発表した。

日本在住者男女10代~50代の合計1000人を対象に、「新たに言語を習得したいと思っていますか」と質問したところ、現在勉強しているか否かに関わらず49.6%の人が「習得したい」と回答。さらに、これまでに語学学習をして継続できなかった経験があるかについての質問では、52.5%の人が、そもそも「言語の習得を始めたことがない」と回答し、意欲的でありながらも、実際の行動にはなかなか移さない日本人の語学学習における実態が明らかに。

これまでに言語の習得が継続できなかった経験があるかという質問では、「続かなかった経験が何度もある」という回答が43.0%、「続かなかった経験が一度はある」が38.1%という結果になり、81.1%の人が一度は語学学習が続かなかった経験をしていることが判明。学習が続かなかった理由については52.5%の人が「つまらない・飽きる」、45.5%の人が「習得の実感が得られない」、37.7%の人が「時間がとれない」と回答。

語学学習に求める要素を問われると、1位「空いた時間に気軽にできること(66.5%)」、2位「楽しくできること・飽きずにできること(62.3%)」、3位「コストパフォーマンスが良いこと(40.7%)」、4位「遊び感覚・ゲーム感覚でできること(30.6%)」と続き、時間的な負担や金銭的負担、学習にともなう精神的な負担を避ける傾向があることが判明。語学学習をするうえでのモチベーションが上がるタイミングについては、41%が「実際に言語を活用できたとき」、40.7%が「楽しくできているとき」、36.2%が「習得の実感が得られたとき」と回答。英語に触れながら楽しく学習を行う『語楽(ごらく)』スタイルの学習が現代の語学学習者に求められていることが明らかに。

この調査は、10〜50代の男女1000人を対象に、5月14日~5月16日にかけて、WEBアンケートで実施した。

関連URL

Duolingo

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
セキュリティ対策ならYubiPlus 校務用PCの二要素認証ログイン 導入事例 秀明英光高等学校 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 導入説明会を無償提供
  • 保護者や生徒との連絡手段でお困りではありませんか? 無料お試しキャンページ実施中! NTTレゾナント
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス