1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スキャネット、「デジらく採点2 普通紙対応版」に新機能を追加

2021年7月20日

スキャネット、「デジらく採点2 普通紙対応版」に新機能を追加

スキャネットは16日、「デジらく採点 2 普通紙対応版」に、「グループ設定」や「未採点アラート」などの3つの機能を追加した新バージョン(Ver.2.12.3.0)の提供を開始したと発表した。

同社では、2018 年から、AI 技術を活用し、手書き文字の自動認識採点が可能な「デジらく採点 2」のソフトウェアを開発。また、2019 年からは、それに対応する「スキャネットシート」及び「デジらく採点 2 普通紙対応版」のソフトウェアを全国の教育機関に提供。近年の教育現場の急速な ICT 化の普及に伴い、同社においても、全国 33 都道府県、7 月時点では 391 校が「デジらく採点 2 普通紙対応版」を利用している。

さらに、2020 年夏頃から、都道府県や市町村単位での教育委員会からの問い合わせ件数が増え、特に兵庫県では、県立高校全 147 校に導入し、公立小中学校においては 105 校へ導入となり、さらに大垣市の公立中学校全 10 校と、教育委員会での導入が加速。2021 年度においては、導入校が、昨年の約倍に当たる 700 件を超える件数になる見通しだという。

今回追加した機能では、応用した採点ができ、選択設問設定をした複数の設問において、グループ化してまとめて採点できる「グループ設定」をはじめ、添削解答欄の特殊採点(順不同全一致、順不同部分一致、連続一致、複数正解択一)設定の追加、分散採点での未採点の設問を知らせる「未採点アラート」等を搭載。

関連URL

スキャネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス