1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. NHK厚生文化事業団、オンラインフォーラム「子どもの発達障がいとアフターコロナ」開催

2021年7月27日

NHK厚生文化事業団、オンラインフォーラム「子どもの発達障がいとアフターコロナ」開催

NHK厚生文化事業団は、「子どもの発達障がい~アフターコロナに向けて子どもファーストをどう実現する?~」と題するオンラインフォーラムを、8月9日に無料開催する。

小中学生の約15人に1人の割合でその可能性があるという「発達障がい」。世の中がアフターコロナに向けて舵を切ろうとしている今、親や教育関係者、支援者は、どのようなことに留意しながら発達障がいの子どもを支えていけばいいのか。

今回のフォーラムでは、「本人、家族、学校などは、それぞれ今どんな配慮ができるのか」、「今、導入可能な“合理的配慮”とはどんなものか」などについて共有し、アフターコロナが子どもにとってよりよい世界になっていくための知恵を探る。

当日は、専門家と支援者、当事者の生の声と、オンライン参加する人たちの思いをネットでつなぎながら進めていく。パソコン、スマホで全国各地から参加できる。

開催概要

開催日時:8月9日(月・休日)13:30~17:30
開催方法:インターネットでのライブ(閲覧可能なホームページのアドレスとパスワードなどを8月7日までにメールで連絡)
出演予定:
・本田秀夫氏(信州大学医学部附属病院子どものこころの発達医学教室・教授)
・菊田史子氏(当事者の母/読み書き配慮・代表理事)
・近藤幸男氏(横浜市立鴨志田中学校通級指導教室・主幹教諭)
・綿貫愛子氏(公認心理師/東京都特別支援教室巡回相談心理士)
参加費:無料
定員:先着1000人
申込締切:8月6日(金)18:00まで
問合せ:NHK厚生文化事業団・事業部(メール)event3@npwo.or.jp、(電話)03-3476-5955(平日10:00~17:00)
詳細

参加申込み

関連URL

NHK厚生文化事業団

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス